家電というと、海外のメーカーのものも色々たくさん入ってくるようになりました。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

家電というと

37歳 女性
家電というと、海外のメーカーのものも色々たくさん入ってくるようになりました。
アメリカやヨーロッパ系の高級志向のものもあれば、アジア系の安さ重視のものもあって、消費者としては選択肢が広がって、自分のニーズにあったものを購入できて便利な時代になったと思います。
ただ、自分が購入するとなるとやはり日本のメーカーの家電を買いますね。なぜなら、使う人のことを考えて作ってあるところが好きだからです。
海外メーカーの調理器具を買ったけれど、機能は高くてその点は満足ですが、なにより重くて使いづらいんです。
やっぱり外国の人仕様になっていて、日本人向きではないなと実感しました。

その点、日本のメーカーの家電は使いやすいし、いろんな点に配慮が感じられてとても便利です。
日本人の体格や体力、好みを熟知しているからこそだと思います。それにメンテナンスや修理などもスピーディで丁寧なのも日本のメーカーならではだと思います。嫌いなところは特にありませんが、デザインが斬新なものが少ないというのがネックかなと思います。

日本メーカーの家電は、なんといっても壊れない

35歳 女性
日本メーカーの家電は、なんといっても壊れない。これがすごいと思う。日本のメーカーの信頼性は高い。また、カスタマーサービスも最近とても充実していると思う。困ったことがあり電話をかけた際も、嫌な思いをしたことがない。さらに、よく研究されているなぁと感じるところは、省電力であること。ランニングコストはばかにならないので、ここを見極めるのはけっこう重要だと感じる。かゆいところに手が届く機能が搭載されているところなんかは、ああ日本のメーカーだなあ、と思わされる。
では逆に嫌なところ、というよりも外国のメーカーに負けてしまうところは、やはりデザイン性の部分ではないかと思う。外国のメーカーの家電は「かっこいい!」と思うことがある。
でも「あのメーカーの家電は壊れやすいらしいよ」なんていうことを聞くと、手に入れることをためらってしまう。日本製のものは壊れないし。シンプルな家電は、かっこよい外国製で、いろんな機能を求めるなら日本のメーカーを選ぶべきかもしれない。

お役立ち情報